大洗ほげほげ放送


大洗の本当の姿をお伝えするため、茨城大学伊藤教授の発案で立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大洗の夏。まずはお疲れ様と言いたいです。

大洗夏の海水浴シーズンが終了しました。
まずは関係者様の皆様にお疲れ様と言いたいです。


今年は福島原発事故に伴い、夏の海水浴シーズンとして大洗は見事にリンクしていました。
その都度マスコミや新聞・週刊誌等で記事に取り上げられ、Yahoo!ニュースのトップにも掲載されました。
更に狙い通りのコメント付で、一部のユーザーから散々言われ続けていました。


とある掲示板やTwitterなどで、セシウムさん?など、時の話題をジョークに変えて、見事にいじられていました。
そんな不安のある中、大洗を応援する為にお越しいただいたお客様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


海水・浜辺の汚染については、私達もしっかり確認しております。
大洗町役場や地元サーファーやライフセイバー、原子力関係者にも話を聞き、様子を見させていただいております。


東京電力ホームページでも、本日「茨城県沖における海水中の放射性物質の核種分析の結果について(続報26)」が発表されております。
http://www.tepco.co.jp/cc/press/11083010-j.html


ただ、個人的には一部ユーザーからの指摘は、私達にも問題があると思っております。
震災後の国や関係者のおろそかな対応が有り、信頼を失っているのがその原因です。
これから信頼を取り戻す為に巻き返して行くしか有りません。
ニーズの高い情報を調べ、正しい情報を伝える事が優先される事だと思います。



さて、下記の新聞サイトに今年の茨城県内海水浴客の結果が掲載されていました。
http://ibarakinews.jp/news/news.php?f_jun=13142686073792

http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819695E0E7E2E6968DE0E7E2EAE0E2E3E39191E3E2E2E2


昨年13万4400人だった大洗サンビーチは76%減の13万4400人と有ります。
確かに大幅な減少で、正直「原発事故の影響」が大きいと思います。


天候の影響、地震・津波への恐怖感も重なっています。


また、ここには書かれておりませんが、被災証明による高速無料化及び休日高速割引の終了も要因だったと思っております。
数字は見ておりませんが、茨城県に住まわれる方は県外に流れ、首都圏からのお客様は減っているように感じております。


ともあれ、私個人的にはもっと大幅に減少すると見込んでおりました。
正直1万人以下、99%減になると思っていました。
昨年と比較する事自体おかしいとここで訴えていました。


なので13万4400人ものお客様に利用いただいた事は、大洗町のPR効果があったと感じております。
負け惜しみでは有りません。
13万人はがむしゃらに頑張った素晴らしい結果だと思ってます。



先日の大洗八朔祭も活気に満ちていました。
その様子は大洗観光協会YouTubeにもアップしました。









非常に盛りあがりました。
今後の大洗を担う若者達のパワー、そしてそれに負けじと頑張る親父、母ちゃん達。
商店街と町民、観光のお客様が一体化した素晴らしい祭りでした。


皆様の顔を見ていると「大洗は大丈夫だな」と感じてしまいます。
これから秋・冬も皆様、大洗町を何卒宜しくお願い致します。


スポンサーサイト

テーマ:茨城 - ジャンル:地域情報

 | ホーム |  »

FC2Ad

 

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新コメント

RSSリンクの表示

プロフィール

大洗ほげほげ放送

Author:大洗ほげほげ放送
東日本大震災・そして福島原発事故に伴い大きなダメージを受けた大洗町。

しかし町長をはじめ、町民の皆様、観光施設や飲食店など大洗で働く皆様が力を合わせ、急速な回復を見せております。

一方で一部マスコミやメディアなどでは間違った情報で大洗町を紹介されてしまう事が有り、ここ「大洗ほげほげ放送」にて現地町民からの正しくリアルな情報をお届け致します。

大洗ほげほげ放送モバイルサイト

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。