大洗ほげほげ放送


大洗の本当の姿をお伝えするため、茨城大学伊藤教授の発案で立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大洗で海産物の話題が出ると必ず出てくる悲観的なツイート。私達も勉強してますよ。

先日、大洗漁港で復興おさかな市が開催されました。
天候にも恵まれ、穏やかな雰囲気。
笑顔がいっぱい、グルメがいっぱい。
沢山のお客様で賑わいました。



マスコミ・メディアにも取り上げられました。



そこで「良かったね」と終われば良いのですが・・・
必ずといって良い程、ネガティブなツイートが湧いてきます。



こんな感じのワード。



・ちゃんと計ってない
・無知
・恐怖
・危険
・知らぬが仏
・汚染地図を見てない
・美味しいと安全とは別
・プルトニウム
・ストロンチウム
・まみれ
・垂れ流し



こちらがいくら勉強を重ね、講演などを聞き、正しい情報を仕入れ、
自治体、団体、ボランティアレベルでお金と時間をかけて
海水や放射線量を食品の線量を調査して発表しても・・・。
見てくれてなければ意味が有りません。



ネガティブな方はあまりポジティブな情報には関心を持たないようで、
ネガティブな情報ばかりを仕入れ、「放射能=かなり危険」と思いこんでしまうようです。



放射能を安全だとは言いません。
ただ、正しく恐がっていただきたいだけです。
実は茨城県の現状はそこまで心配する必要は有りません。



ただ、放射性物質が0とは言えません。
少しは入ってるかもしれません。
それを危険と言えば危険なのかもしれません。



しかし、それは原発事故が起きる前から自然に有る存在です。
更に、今は大洗の海からは放射性物質が検出されてりません。




でも、それでも恐がる方はいると思います。
それは仕方有りません。
人それぞれです。
無理に食べてとは言いません。



ただ、そのネガティブな「思い込み」を、一方的に世間に広める行為は残念です。
そういった書き込みをする人は、大概、ちゃんと大洗の状況を調べてない方だと思います。



そして、こちらからその方に何を言っても、その方の考えは変わらないと思います。
どうせその方は大洗には来ないと思います。
ほっときましょう。
ただ、あまりにデマが酷い時は注意し、正確なデータを開示して行く事も大切だと思います。



現地の皆様には、そういった行為に対してあまり気にせず、
前向きに頑張って復興を続けていただきたいと思います。



しっかりと勉強しているお客様はちゃんと分かって来てくれると思います。
また、正しい情報を収集して公開している素晴らしい方もおります。
「正しい放射能情報を見つけるためのサイト」
http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/



ちょっとした書き込みに反応せず、私達も信頼できる機関から
正しい情報だけを収集して参りたいと思います。







スポンサーサイト

 | ホーム |  »

FC2Ad

 

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新コメント

RSSリンクの表示

プロフィール

大洗ほげほげ放送

Author:大洗ほげほげ放送
東日本大震災・そして福島原発事故に伴い大きなダメージを受けた大洗町。

しかし町長をはじめ、町民の皆様、観光施設や飲食店など大洗で働く皆様が力を合わせ、急速な回復を見せております。

一方で一部マスコミやメディアなどでは間違った情報で大洗町を紹介されてしまう事が有り、ここ「大洗ほげほげ放送」にて現地町民からの正しくリアルな情報をお届け致します。

大洗ほげほげ放送モバイルサイト

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。