大洗ほげほげ放送


大洗の本当の姿をお伝えするため、茨城大学伊藤教授の発案で立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人メディア教育

大洗まいわい市場さんが本日のニュースに取り上げられていました。




参考動画:大洗観光協会 大洗の海開き&大洗リゾートアウトレット再開イベント


Twitterでその事を知り楽しみ半分、どんな風に報道されるのかなぁとドキドキして見ていました。
結果・・・素晴らしい!と感じました。
と自分は捉えたのですが、関係者の皆様にはどう映ったのでしょうね!


まいわい市場さんは大洗リゾートアウトレットの中にあるお店で、主に地元の野菜や商品を販売しております。
今回の原発事故の影響は、やはり大きい壁になっていると感じられているようです。
あまりに高い壁が立ちはだかっております。
先が見えません。


それは大洗町全体に言える事だと重います。


でも、オーナーの常磐良彦さんが言っていました。
「先が見えないなら、先を作っていくしかない」


素晴らしいですね。
本当にその通りだと思います。


ただ、1人では壁に大きな穴を開けるのは大変な作業です。
しかし10人、100人と協力しあえばあっという間に大穴を開けられると思います。



大洗町の観光施設や宿泊施設、飲食店、町役場関係者、町民の皆様が力を合わせて頑張るしか有りません。



一方で、穴は埋める事も可能です。
穴を埋めると言えば良い意味で捉えられそうですが、今回の例えは「悪い意味」
つまり足を引っ張る事も出来てしまいます。



大洗まいわい市場さんの前にTwitterに関するニュースが報道されていました。
過去にもというか震災後は特に、かなり高い頻度でニュースになっているように思います。
皆様が力を合わせてきた事が、たった一人のマイナスの行動で全て無駄になってしまう事が有ります。



インターネットの普及は私達の考えている以上に大きな影響力を持っております。
Twitterでもブログでもマスコミへの出演でも・・・
町として、学校の授業、会社として、教育する事も必要になるかもしれません。



原発に対し、強い恨みを持っている方も多いと思います。
でも、その恨みは今はちょっと引き出しにしまっておいて下さい。



声が集まれば・・・という意見も有ります。
しかし日本全体の問題など、あまりに大きい世論の場合、数人が集まっても声は届きません。
そういう事は町の議員さんや、有る程度声の届く方にお任せするしか有りません。
一方でちょっと的が外れると、大きなリスクが襲ってきます。



私達も十分に注意しながら、自らの考えをぶつけたいと思います。

大洗ほげほげ放送事務局:シマちゃん

コメント

お久しぶりです。
コメントの返信いただいたのにレスしておりませんで申し訳ないです・・・

このエントリー読んで思い出しましたが、神栖市は安心シールと言うものを米に貼るそうですね。

http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20110824ddlk08040049000c.html

大洗等でもいずれはこういうものをやるのかもしれません。
個人的には、こういうシールだけではなくて、この商品はXXBqです。という表記があればさらに信用度がアップすると思うんですよね。
かって、ドイツとかがチェルノブイリの時にやったように。

今日、福島の早場米もセシウムが検出されなかったとニュースになっておりましたが、残念なことに信用ができません。
セシウムが検出されなかったのが、検出下限値が高めに設定されてたのか?国の定める暫定基準値のためNDにしたのかがしっかり報道されていませんでしたから。

これからは、セシウムが検出されませんでした≒安全ではなく
XXBq検出されましたが、安全だと思うとしっかり表記していくことが信頼に繋がるかと思います。

大洗は海産物が主流になるかと思うのですが、どうしても不安に感じる人はいますからね。
また、旭村・鉾田らへんの農作物も売ってたと思いますが、きちんと表記して地道に信頼を回復して行くしかないですね。。
長く長く続く戦いだとは思いますが・・

お久しぶりです。

とんでもございません。
コメント有難うございます。

神栖市のように、今後は県産表示だけでなく地域まで表示する必要があるかもしれませんね。
ただ、ベクレル表示は可能であれば必要な表示方法だと思いますが、現実的には厳しいと思います。

個人的に不検出≒安全という事よりも暫定基準値≒安全だと思っております。
暫定基準値があまりに暫定すぎるから余計な不安を煽ってしまいます。
今のままでは不検出となる検出下限値こそが本当の安全基準値と解釈されてしまいます。

これは米だけではなく魚も肉も全てですね。
一方で、皆様が必要以上に心配しすぎてしまう事も問題です。
原発事故以前から自然界の中でカリウム等、放射性物質を含む食品が多数あり、米なども30ベクレル前後は以前からあったと聞いております。

そういった皆様が見えていない情報もしっかり伝え、正しい情報を出す体制をより強化する事が風評被害対策になると思っております。
一度信用度を失っているからこそ、より厳しい基準値を課す事が今後必要です。
今後の国や自治体の政策に注目しております。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oaraihogehoge.blog.fc2.com/tb.php/19-30e2da41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

RSSリンクの表示

プロフィール

大洗ほげほげ放送

Author:大洗ほげほげ放送
東日本大震災・そして福島原発事故に伴い大きなダメージを受けた大洗町。

しかし町長をはじめ、町民の皆様、観光施設や飲食店など大洗で働く皆様が力を合わせ、急速な回復を見せております。

一方で一部マスコミやメディアなどでは間違った情報で大洗町を紹介されてしまう事が有り、ここ「大洗ほげほげ放送」にて現地町民からの正しくリアルな情報をお届け致します。

大洗ほげほげ放送モバイルサイト

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。