大洗ほげほげ放送


大洗の本当の姿をお伝えするため、茨城大学伊藤教授の発案で立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大洗の除染作業は一石二鳥かもしれない。

夏が終わり、少し静かになった大洗町。
逆に静かな海辺を眺めるのが心地よく感じる方もいらっしゃると思います。


あいにくと、ちょうど西日本を台風が横断する形で大洗も雨・風が強くなっておりますが・・・
とりあえず9月に入りました。


そんな中、文部科学省及び茨城県による航空機モニタリング測定結果(修正版) が発表されました。

茨城県による航空機モニタリング測定結果

http://www.pref.ibaraki.jp/important/20110311eq/20110831_02/files/20110831_02a.pdf


面識は有りませんが、インターネットでは群馬大学 早川教授が作成した汚染マップが有名のようです。
ちょっとかってにお借りしちゃいました。



似ているというか、ほぼ一致しているように感じます。
大洗も全てでは有りませんが、かすっているように高い数値の場所があるようです。


国が発表したものですから、信頼してこれからの行動に働きかけるしか有りません。
大洗の場合は特にサンビーチより南側の高台付近でしょうか?


町や原研からガイガーカウンター等を借りてもう一度地表からもしっかり調査する必要があるかもしれません。
その上で高い数値が出ているなら除染するだけです。


福島のように緊急を要する状況では無いと思いますが、大洗町も下記の動画のように「動く事」が必要だと思います。



町民の子供達も安心できますし、今後の観光PRにも繋がります。
というか、もしかしたらその活動は今年に限って言えば「冬のアンコウ」よりも今年に限ればPR力は高いかもしれません。


やれる時にやっちゃいましょう。


幸いにも大洗には原子力が有り、そこには原子力のプロ達がいるわけです。
是非力を貸していただき、町民の大人達全員で除染作業をしていただきたいと思います。


P.S 実は大洗の町民、本当に凄いんです。
海岸のクリーンアップなど、町全体で清掃活動をしょっちゅう行っております。
大洗町なら出来るはずです。
ついでに鉾田市・ひたちなか市も巻き込んで、TVに来てもらってPRしてもらいましょう。

コメント

モニタリング結果はまぁ予想通りですね。
除染するのはいいんだけど除染したものはどうするんだろう・・ってずっと思ってます。
みんな気づかないはずはないのに。と。
柏などは除染以前にごみ収集の停止をするかもとか言ってますね。


さて、発覚すると思ってた問題、第一発は埼玉・千葉でした。
予想より早かったですね。
もうとっくに調査に着手してたようです。
http://mainichi.jp/select/science/news/20110903k0000m040177000c.html?inb=ra
ただあまりでかくニュースにはならないようですね。

Re: タイトルなし

お疲れ様です。
お茶の件だったんですね!
この件に関してはここで語る事は出来ないと思いますので、今後も注視して行きたいと思います。

海水欲シーズンが終わり、お茶、牛、米、そしてキノコとセシウム問題が山にシフトしてきました。
観光地としてはもっと早く調べて欲しい所だと思います。

厳しい視点で進めて行く事が大切ですね。
そのラインを冷静に判断し、慌てず騒がず、予測を立て冷静に判断する事が大切だと思います。


除染については、あくまで此処だけの話、希望です。
ただ、ここに書く事で何らかのアクションになるかもしれません。
直ぐに出来るかは分かりませんが、今後も町や青年会、原研などに話を持ちかけてみたいと思っております。

やり方としては、大洗町全体の線量はそれ程高く有りません。
その中で、セシウムが溜まりやすい場所など「マイクロホットスポット」的な場所を検索し、その上で高めの線量が計測できた場所があったら除染をし、様子を見れば良いと考えております。

除染シート等の利用は町民レベルでの話になると思います。
処分については専門家からアドバイスが必要になると思います。

しかし自分でもブログをやってよくわかりましたがかけないことというものは多いものですねw
情報隠蔽を肯定はしませんが、公表ができないというのは正直わかりますね。
理解したくありませんが。

茨城はもう一点あるはずです。
腐葉土問題なんですが・・
どうなのかな。腐葉土は高濃度に濃縮されるはずですが・・
どうなるかな。。

モニタリング結果と市民団体の汚染調査を見比べましたがおよそ10倍近い差があるようです。
しかし、実態とどれくらいかけ離れてるか一般市民や小さな自治体では予算・お金が足りずなかなか検証できないのが実態ですね。
頭が痛い問題。

すぐに除染ができなくとも大きな流れができてくるといいですね。
小さな沢はいつか川となり本流となり大河となる。

余談ですが、飛び石ホットスポットが少しずつ判明してきてるようです。
静岡県伊東市がミニホットスポット化してることが判明してきてますが、海の調査を個人でやってる人がいまして、海水の汚染が1000Bq/L(8月)・610Bq/L(6月)だったとのこと。
いささか信憑性には欠けてるのですが海のホットスポットも今後続々判明して行くことでしょう。
黒潮の流れる伊東方面でなぜこんなスポットがあるのか調べてみたのですが黒潮・親潮には岸沿いに対流が流れるようでそれで持ってかれたのかな?と想像してます。
まぁ信憑性に欠ける情報の推測に意味はあまりないのですが。
こういった調査が進むことを期待したいものです。
ぼちぼちハワイとかあのあたりでの調査結果も出てくる時期になるでしょうし。

難しい問題ですね

情報を隠ぺいするとい意味では有りませんよ(^^;
ここのブログでは大洗町を中心に正しい情報を調べ、開示したいと考えておりますが、
大洗以外の話に関しては此処で語る必要はあまり無いという事です。


ここのブログコンセプトは「マスコミ等により大洗町の誤った情報を正す」という所に有ります。
以前、県外のニュースに関して語ったのは「被災地とそうでない場所との温度差」を伝えたかっただけで、その時のニュースを利用させていただいただけです。
基本スタイルからは外れない形として、今後も大洗町の情報を正確にお伝えしたいと考えております。


ご存知だと思いますが、大洗町には原子力研究所も有ります。
ただ反原発!と騒がず、逆に原研があるからこそ知識を得る事も可能です。
今度機会が出来ましたら原研の方に質問形式で取材をしたいと考えております。


> すぐに除染ができなくとも大きな流れができてくるといいですね。
> 小さな沢はいつか川となり本流となり大河となる。


まさにそれを目指しております。
1人で出来る事は限られておりますが、きっかけだけでも作れれば、きっと大きなアクションが生まれると思いますし、大洗はそれが出来る力を持った町だと考えております。


海洋調査に関しては難しい問題です。
もちろん隠ぺい等の話ではなく、予算や時間など現実的な問題が有ります。
個人レベルでは到底出来ません。
せいぜい波打ち際の海水・海底・砂浜程度です。


単純に親潮・黒潮だけではなく、海流は非常に複雑です。
当然大きな海流をメインに調べる事は必要だと思いますが、単純に東へ流れるだけではなく、北にも南にも流れる可能性は十分あります。

海のホットスポットと言うなら、それは地表と異なり「移動」します。
だから余計難しいと思います。

したがって、近いから茨城の海が危険、遠いから安全という単純な理由は成り立ちません。
時間が経つほどに遠洋の海の方が汚染されている可能性は十分に考えられます。
(希釈されるなど薄まる事が前提での話です)


憶測で語れる話では有りませんし、とにかく県内はもちろん、
他県の沿岸に関してもも地道に調査していくしかないと思います。


また、単純に個人の調査を鵜呑みにする事も問題だと思いますが、個人調査を集める事で相対的なデータを作る事は可能かもしれません。
行政は個人より動きが遅いのは当たり前です。
まずは地元の皆様が行動を取る事が最善手だと考えております。
そして、その流れを作るのが今、私達が出来る事だと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oaraihogehoge.blog.fc2.com/tb.php/22-f72c3e73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

RSSリンクの表示

プロフィール

大洗ほげほげ放送

Author:大洗ほげほげ放送
東日本大震災・そして福島原発事故に伴い大きなダメージを受けた大洗町。

しかし町長をはじめ、町民の皆様、観光施設や飲食店など大洗で働く皆様が力を合わせ、急速な回復を見せております。

一方で一部マスコミやメディアなどでは間違った情報で大洗町を紹介されてしまう事が有り、ここ「大洗ほげほげ放送」にて現地町民からの正しくリアルな情報をお届け致します。

大洗ほげほげ放送モバイルサイト

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。