大洗ほげほげ放送


大洗の本当の姿をお伝えするため、茨城大学伊藤教授の発案で立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何が本当やら?

台風12号
まったく大変な被害を残してくれました。
亡くなられた方には心からご冥福をお祈りすると共に、被害にあわれた方やそのご家族、関係者の皆様へは心よりお見舞い申し上げます。


大震災、そして強烈な台風と自然災害のあまりの被害に困り果てております。


そんな中、Twitterなどの新しい技術が大活躍!
震災の時も大活躍だったみたいです。
当サイトでも利用させていただいております。
本当にリアルな生情報が即座に配信されるので便利だと思います。


一方で逆効果も・・・
使い方を誤ると「逆効果」も生んでしまいます。
使い方に関してのニュースもいろいろと有りました。


それって本当なの?
また、そんな怪しい情報も出回っております。


大概が「デマ」。
ここ大洗でも「イルカが打ち上げられた」というデマが随分広まっていました。


放射能を食い物にしよう!
中にはそんな人も現れているそうです。
何人か捕まりましたよね。。。
困ったものです。


恐怖を煽って楽しむ。
人間、恐いもの見たさもありますよね・・・。
また、専門家の方でさえ地震の予測は難しいのに、一般の方があたかも予測した!当てた!といった情報も耳にします。


マスコミも引きつける記事が欲しい事があります。
その為、ほんの一部だけの情報を大げさに取り上げ、あたかも被害があるように作っている場合があります。
大洗でも震災時、サンビーチのごく一部にゴミを溜めていましたが、まるで大洗サンビーチ全てが汚れているようにブログやニュースで取り上げられていた事が有りました。


「大洗ほげほげ放送」を立ち上げた理由はそこにあります。


福島の子供達。
凄く心配です。
インターネットでもさまざまな情報が流れています。
実際はどうなんでしょう?
ネットではその辺りの情報がゴチャゴチャで正しい情報が読み取れません。


自分の周りでの話ですが
少なくとも、私の周辺(水戸・大洗・笠間・ひたちなか・大子町他多数)の子供達は元気いっぱい!
鼻血が出ているなんて聞いた事ありませんし、目にクマが出ている子供達もいません。
下痢までは聞いておりませんが・・・急激にやせ細った子供はいません。


自分も、自分の子供も地元の食材はけっこう沢山食べていると思います。
マスクもしておりません。
でも、今まで以上に元気いっぱいです!


現地からしか正しい情報は出せません。
そういった情報は日本を飛び超えて、海外まで広まると聞きました。
これもインターネットの力の1つです。
デマや憶測が、更に変な形に解釈されて「それが真実」として広まっているそうです。
現地の自治体やお医者さん、観光協会などが自ら声を出さないと、周りには聞こえませんし見えません。


残念ながら私個人に福島の知り合いはいません。
直接見ていないので分かりませんし語れません。


放射能の症状。
どんな感じなのか気になって調べてみたら・・・
「放射能 症状」で検索して最初に出てきたサイトに載ってました。
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/314.html

あ、こちらのサイトから引用した記事のようです。
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/211ee8c32328626d096fdb506599e848


今の所自分は全く異常ありません。
是非、皆様もチェックしてみてはいかがでしょうか?



「正しい放射能情報を見つけるためのサイト」
他にもこんなサイトがありました。
是非こちらも読んで、どんな情報も全て冷静に、よく確認して欲しいと思います。
http://www47.atwiki.jp/info_fukushima/


ほかにも「このサイトは正しい!」と思えるお勧めホームページが有りましたら、是非教えて下さいませ。
大洗ほげほげ放送 事務局 シマちゃんでした。


コメント

ちなみにですね、私、ご紹介されてるブログに載ってる腫れもの1が手足に顕著に出てますww
3月~5月頭まで毎日鼻血が出てました(都内南西部に今は住んでおります)

大洗ではそういう症状が出ていないようですね。
友部に住む妹や、那珂町に住む母親、茨城町に住む友人等にもそういった症状は出ていないようです。

ただ、高萩・北茨城に住んだり通ったりしてる知り合いは鼻血・手足の発疹、喉の違和感等があると訴えておりました。

体感的なお話ですが、茨城に住む友人よりも、東葛地域に住む友人等のほうがそういう話をよく聞きます。

ちなみに私の仕事は天候に関係なく外ではたらかなくてはいけない職(まぁ底辺職ですねw)なのですが、私以外にも数人、下痢がずっと止まらないだとか、発疹だとか、6月頃から色のすごく濃いほくろがたくさんできた方とかがいます。

みんな放射能とは結びつけておりませんけれども。
こういうのを見てきてるために私は非常に危機感を持ってしまってるのかもしれません。

実際因果関係なんてわかりませんけども。。
私にできてる発疹も、被ばくというよりもストレスによるものかもしれませんしねw

ただ、実感としてはやはり茨城中北部より、取手以南の東葛地域あたりからのほうが健康被害といいますか、なんらかの特徴的症状が出てる人が多いように感じます。
答え合わせはまだまだこれからですけれども。

お疲れ様です。

> ちなみにですね、私、ご紹介されてるブログに載ってる腫れもの1が手足に顕著に出てますww
> 3月~5月頭まで毎日鼻血が出てました(都内南西部に今は住んでおります)


鼻血は恐らく粘膜が弱くなっているのが原因と思われますが、私は医療について詳しく分かりません。
恐い病気の可能性も有りますので、万が一に備え病院に行かれた方が良いと思います。


ちなみに季節の変わり目は鼻血や風邪をこじらす方が多く出ます。
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0115/287957.htm


> 大洗ではそういう症状が出ていないようですね。
> 友部に住む妹や、那珂町に住む母親、茨城町に住む友人等にもそういった症状は出ていないようです。
> ただ、高萩・北茨城に住んだり通ったりしてる知り合いは鼻血・手足の発疹、喉の違和感等があると訴えておりました。
> 体感的なお話ですが、茨城に住む友人よりも、東葛地域に住む友人等のほうがそういう話をよく聞きます。


そう聞かれれば「そうかもしれないなぁ」と答える「人間の心理」に働くパターンかもしれませんね。
大洗や水戸だけでは有りません。
多分福島やホットスポットと言われている方も、そう顕著な症状は出ていないと思います。

もし本当に放射線の影響によって鼻血が出るなら、他にもっと酷い症状が現れていると思います。
原発の最前線で頑張っている方が鼻血出ているなら分かりますが・・・出てませんよね?


> ちなみに私の仕事は天候に関係なく外ではたらかなくてはいけない職(まぁ底辺職ですねw)なのですが、私以外にも数人、下痢がずっと止まらないだとか、発疹だとか、6月頃から色のすごく濃いほくろがたくさんできた方とかがいます。


事故前に下痢や発疹は無かったのでしょうか?
ただし、ほくろが沢山できた方については直ぐに病院で検査される事をお勧め致します。

> みんな放射能とは結びつけておりませんけれども。
> こういうのを見てきてるために私は非常に危機感を持ってしまってるのかもしれません。
> 実際因果関係なんてわかりませんけども。。
> 私にできてる発疹も、被ばくというよりもストレスによるものかもしれませんしねw
> ただ、実感としてはやはり茨城中北部より、取手以南の東葛地域あたりからのほうが健康被害といいますか、なんらかの特徴的症状が出てる人が多いように感じます。
> 答え合わせはまだまだこれからですけれども。

マスコミや反原発派により過激な報道を毎日耳にし、目にし、ストレスからノイローゼに近い症状になっている
のかもしれませんね。
お医者様に相談するのをお勧め致します。
また、一度インターネットやメディアを離れ、のんびり旅行にでも行かれてみてはいかがでしょうか?


仕事と原発事故のストレスと、随分体と心を痛めているように感じます。
精神的ダメージこそ、放射能の一番の影響だと思います。


自然の雄大さ、美味しい空気と食事。
喧騒を離れて時間を忘れ、何も考えない一日を作り、心も体もリフレッシュする事をお勧め致します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oaraihogehoge.blog.fc2.com/tb.php/26-a4965dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

RSSリンクの表示

プロフィール

大洗ほげほげ放送

Author:大洗ほげほげ放送
東日本大震災・そして福島原発事故に伴い大きなダメージを受けた大洗町。

しかし町長をはじめ、町民の皆様、観光施設や飲食店など大洗で働く皆様が力を合わせ、急速な回復を見せております。

一方で一部マスコミやメディアなどでは間違った情報で大洗町を紹介されてしまう事が有り、ここ「大洗ほげほげ放送」にて現地町民からの正しくリアルな情報をお届け致します。

大洗ほげほげ放送モバイルサイト

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。