大洗ほげほげ放送


大洗の本当の姿をお伝えするため、茨城大学伊藤教授の発案で立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の重さと軽さと

本当の事を追い求め、危険を顧みず日々努力されている報道記者の皆様には敬意を表します。
世の中には素晴らしい記者様が沢山います。
現地に足を運び、被災者の皆様の現状を伝えてくれます。
私達もどれだけ勇気づけられた事でしょう。


おかげ様で大洗町は一歩一歩前に進む事が出来ております。


一方で。
どの分野にも足を引っ張る方がいます。


とある政治家の方が、マスコミの言葉狩りのような形でお辞めになられたニュースを見ました。
確かにその発言も軽率だったかもしれません。


けれど、そのやり取りの真意を聞いて、、本当に被災者の多くの方が嘆いているのでしょうか?


そんな小さな失言をどうこう問うより、まずは被災地をなんとかしてほしい。
そう考えていると思いますが違いますか?

※上記の内容・やり取りは実際に見たわけでは有りません。
 ネットからの情報を見たままですのでご了承下さい。


本意でない失言、本意での失言。
もちろんどちらも注意してほしい所ですが、後者の方が何十倍も辛く感じます。
前者は、次から注意してねくらいの気持ちです。
そんな事で収束を遅らせないで欲しいです。


以前話題になったセシウムさん問題もそうですが、
これはあからさまに後者です。


他にもTwitter、ブログ、掲示板と、一般の方を中心に心無い発言を耳にします。
温度差を感じます。


大洗観光協会にも宿や飲食店にも冷やかしの電話があったそうです。
そこまで放射能を心配されるなら、無理に大洗へ来ない方が良いですよ・・・
そう言いたくなった事も多々あると聞きました。
こらえながら、丁重に返答しているようです。


「海水浴」にかけて「セシウム浴」とか「放射能欲」言っている方がいました。
「セシウム貝」が美味しかったとか・・・残念で仕方ありません。
消費してくれる事は大変ありがたい事ですが、冷やかしには来てほしく有りません。


一方で、辛い思いをしている方の言葉はすごく重く感じます。
実際に現地に足を運び、ボランティア活動や現地の方の話を聞いて、それで原発問題を訴える方の言葉も重いです。


しかし、何も影響を受けていない方が面白半分で騒いでいる言葉は凄く軽いです。
薄っぺらで、感情のかけらも見受けられません。


しかし、Twitterやニュースコメントで挙げられる記事の多くが後者です。
残念な事です。


もちろん危険であれば危険と訴える事が大切です。
それを安全だと言うのは軽い言葉です。
なかには放射能を食い物にしようとする方もいるかもしれません。





コメント

お久しぶりです。

>放射能を食い物にしようとする方

間違いなくいるでしょうね。
7月の衆議院の参考人意見で呼ばれた東大の児玉教授。
除染等などが新たな公共事業になることを心配してるとおっしゃってたように記憶しています。
また、今はそれどころではないのだ!と語気を荒げておりましたね。

そういったことに騙されないように(言葉が悪いですが)気をつけて行動していく必要があるかと思います。
個人的には除染は無駄だ派なのですけれども・・ね。
最近それを裏付けるデータが出ました。
もちろん除染が効果的だというデータも数限りなくありますが。

よろしければどうぞ。
表土除去をした八潮で数値上昇 県放射線量詳細測定
http://www.saitama-np.co.jp/news09/17/04.html

除染したのにまた数値が上がるとはこれいかに・・


そういえば、話が変わり、まだ私のブログで取り上げてませんが、コンビニの牛乳から160Bq検出されたとか。
160Bqとか笑えない数字ですねorz

Re: タイトルなし

> そういったことに騙されないように(言葉が悪いですが)気をつけて行動していく必要があるかと思います。

インターネットの普及は本当に素晴らしい事だと思います。
しかし、便利な分だけデメリットも多く、匿名性の強いサイトでは誹謗中傷が乱立し、
正しい情報だけでなく誤った情報も多数見受けられます。
また、ソーシャルの力は非常に強く、実際に「風評被害」という存在が有るにも関わらず、
風評被害を語る事をためらってしまう程「実害」という言葉が席巻しております。
BESTさんが言う「グレイな部分」の白黒をはっきりしよう→全て黒にしようという流れです。

そのような時期だからこそアクセスの集中するポータルサイト、そしてメディアや新聞社は
より注意しながら正しい情報を抽出し、煽らないよう注意したタイトル・記事を考え
慎重に伝えなければなりません。

以前なら許された事でも今は許されないという状況に変わっております。
という考えから、この大洗ほげほげ放送を立ち上げた理由の1つになっております。


> 個人的には除染は無駄だ派なのですけれども・・ね。
> 最近それを裏付けるデータが出ました。
> もちろん除染が効果的だというデータも数限りなくありますが。
> よろしければどうぞ。
> 表土除去をした八潮で数値上昇 県放射線量詳細測定
> http://www.saitama-np.co.jp/news09/17/04.html
> 除染したのにまた数値が上がるとはこれいかに・・


記事を見させていただきました。
記事の内容を良く把握して欲しいと思います。
「除染した→計った→放射線量は低下した→再度計った→削り漏れの部分が高かった→改めて計った→やはり低かった→埼玉3市の中で放射線が高い学校があるので、そこも校庭表土の入れ替えをしよう」


そんな内容です。
全然残念な内容では有りませんし、除染効果が出ている内容ですが・・・
タイトルが「表土除去をした八潮で数値上昇 県放射線量詳細測定」
これでは軽く目を通しただけの方は「除染をしたのに高まった」と認識してしまいます。


行動は残念ではありませんが、記事・タイトルが残念ですね。


> そういえば、話が変わり、まだ私のブログで取り上げてませんが、コンビニの牛乳から160Bq検出されたとか。
> 160Bqとか笑えない数字ですねorz

それが本当なら笑えない数字ですね!
ただし、その話には続きが有ります。

「横浜ママパパの放射線だより」
http://yokohama-konan.info/milk160.html

こういった部分も抽出してから発言すべきだと思います。
とくに首都圏の方は個人でガイガーカウンターやベクレルモニターを購入し、遊び半分で計っている方がいると聞いております。
中には飲食店で食材に向かってガイガーカウンターで調べている人もいるとか・・・
ごく一部の方だけだとは思いますが。

国民全員が同じ方向を向けるよう、それこそ国がなんとかしなければならない問題ですね。


そうですねぇ。。
フライデーにはもうちょい詳しく記事かいてほしいなぁと思っております。

ただ、
>遊び半分で計っている方がいると聞いております。
この部分には同意しかねますね。
遊び半分とは思ってない人が多いのではないでしょうか。

ただ飲食店やスーパーの食材等にガイガーあてても無駄だとは思ってますけれどもね。。
もしガイガーが反応するほど汚染されてたらそれはもう直ちに影響があるレベルだと思いますし、食品の汚染が知りたいのならシンチレーションサーベイメーターでも使わないと厳しいかな・・と。

除染における問題はちょっと、把握が足りてませんでしたね。
申し訳ありません。
ただ、除染に関してはミスが許されないと思いますし、本来は軍がやる仕事だと考えています。
日本には軍がありませんけれども。

話はそれますが、この世界には中性子爆弾と言うものがありますね。
核爆発の際に地域を汚染させることなく中性子で人を効率的に殺傷する兵器です。
そういうのが生まれた背景は、爆弾を落とした後に占領する際、除染することが限りなく不可能+除染する時間がないという軍事的理由によるものなのですが、除染しても除染した物をどこにもっていくか。が問題になりますよねぇ。。
たとえば大洗はそこまで汚染されてないと思いますが、除染して出た高濃度汚泥等をどうするかとか考えた事ありますか?
大洗の狭い土地のどこかに埋蔵できますか?
そういう現実的な視点抜きに除染除染と安全派・危険派ともに魔法のように唱えてるのが奇異に見えてしょうがないものです。


そうそう。健康にお気遣いいただきありがとうございます。
ストレス解消+将来の移住検討を兼ねて来月岡山へ旅行の予定です。
少し気分的に楽になるかな。と思いますのでリフレッシュしてきたいと思います。

こちらのブログではいつもなかなか手に入らない地元近くの叙方をいただけて感謝しております。
毎度毎度批判的なコメントばかりで申し訳ないのですけれども。

Re: タイトルなし

> >遊び半分で計っている方がいると聞いております。
> この部分には同意しかねますね。
> 遊び半分とは思ってない人が多いのではないでしょうか。
> ただ飲食店やスーパーの食材等にガイガーあてても無駄だとは思ってますけれどもね。。
> もしガイガーが反応するほど汚染されてたらそれはもう直ちに影響があるレベルだと思いますし、食品の汚染が知りたいのならシンチレーションサーベイメーターでも使わないと厳しいかな・・と。

遊び半分というのは誤解が生じるかもしれません。
申し訳ございません。
「一部の方が興味本位で」に訂正します。

> 除染における問題はちょっと、把握が足りてませんでしたね。
> 申し訳ありません。
> ただ、除染に関してはミスが許されないと思いますし、本来は軍がやる仕事だと考えています。
> 日本には軍がありませんけれども。


とりあえず国が年間5ミリシーベルトを超える地域の除染を始める事になりましたね。
http://www.asahi.com/national/update/0927/TKY201109270505.html
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110928ddm001040036000c.html
http://mainichi.jp/select/today/news/20110928k0000m040124000c.html

この点に関しましても色々意見が出そうですが、とりあえず前に進もうとする動きには賛同したいと思っております。
年間5ミリを超える地域はほとんど福島県内の話であり、5ミリ以下でも除染活動は自治体またはそれ以下のレベルで行った方が良いと思います。
大洗はそれほど汚染されていないようですから、県からの要請などがあってからの活動でも遅くは無いと思います。観光客を対象にするほどのものでは無いと思います。
ただ、町民の、特に子供達の事を考えれば、自治体以下のレベルでより細かく計測する事が必要だと思います。
結果、それが観光アピールにもなると思います。

> 話はそれますが、この世界には中性子爆弾と言うものがありますね。
> 核爆発の際に地域を汚染させることなく中性子で人を効率的に殺傷する兵器です。
> そういうのが生まれた背景は、爆弾を落とした後に占領する際、除染することが限りなく不可能+除染する時間がないという軍事的理由によるものなのですが、除染しても除染した物をどこにもっていくか。が問題になりますよねぇ。。
> たとえば大洗はそこまで汚染されてないと思いますが、除染して出た高濃度汚泥等をどうするかとか考えた事ありますか?
> 大洗の狭い土地のどこかに埋蔵できますか?
> そういう現実的な視点抜きに除染除染と安全派・危険派ともに魔法のように唱えてるのが奇異に見えてしょうがないものです。

まずそこまで心配されるような状況にはなっていないと思いますので、単純に土の入れ替えだけで十分だと思っています。
万が一高濃度汚染等があった場合は大洗又は東海村の原子力関係者に相談をし、福島の中間貯蔵施設に置くのか、新たに町で保管する区域を作るのか、良く分かりませんが、それは早急に判断するまでの必要は無いと思います。


> そうそう。健康にお気遣いいただきありがとうございます。
> ストレス解消+将来の移住検討を兼ねて来月岡山へ旅行の予定です。
> 少し気分的に楽になるかな。と思いますのでリフレッシュしてきたいと思います。
>
> こちらのブログではいつもなかなか手に入らない地元近くの叙方をいただけて感謝しております。
> 毎度毎度批判的なコメントばかりで申し訳ないのですけれども。

とんでもございません。
色々な意見は出して行くべきだと思います。
結局、それがそのままになるかもしれませんし、誰かが見て行動をしてくれたり、プラスに働く可能性も有ります。

私的には脱原発派でも依存派でも有りませんが、いずれに傾こうとも流れに任せる気持ちです。
ですので上記それぞれに思う方の行動を非難するつもりも肯定するつもりも有りません。
ただ、過剰な行動(デマを流したり、自分だけ良いという考えの発言、必要以上に危険又は安全を煽る発言、マスコミの安易な報道、法律に反する行動等)だけは辞めていただきたいと伝えるだけです。


ネガティブに考え出してしまうと精神的に病んでしまいます。
そういった時は旅行や趣味を楽しむのが一番です。
特に新たな発見を見つけたり、一期一会の出会いを楽しめる旅行は本当に良いと思います。
原発事故、震災の事を忘れる事は出来ないと思いますが、せめて旅行の時くらい考えを止めてゆっくりとリフレッシュして下さい。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oaraihogehoge.blog.fc2.com/tb.php/28-f3c6ed84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

RSSリンクの表示

プロフィール

大洗ほげほげ放送

Author:大洗ほげほげ放送
東日本大震災・そして福島原発事故に伴い大きなダメージを受けた大洗町。

しかし町長をはじめ、町民の皆様、観光施設や飲食店など大洗で働く皆様が力を合わせ、急速な回復を見せております。

一方で一部マスコミやメディアなどでは間違った情報で大洗町を紹介されてしまう事が有り、ここ「大洗ほげほげ放送」にて現地町民からの正しくリアルな情報をお届け致します。

大洗ほげほげ放送モバイルサイト

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。