大洗ほげほげ放送


大洗の本当の姿をお伝えするため、茨城大学伊藤教授の発案で立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北茨城の被災者メンバー「あすなろ会」

先日、伊藤先生主催にて、北茨城で被災した住民グループ
「あすなろ会」の皆様の体験談を聞く機会がありました。



kitaiba.jpg



あいにく事務局の私は参加出来ませんでしたので、
今回は参加したメンバーからのご意見・ご感想を掲載したいと思います。


nishi.jpg




~海の大学事業委員「山の料理人ニッシー」さんより~


様々なお話しがありましたが、特にその中で印象的だったのは・・

①食べれる・寝れるということのありがたさ。
②モノの豊かさより、ココロの豊かさを実感。
③ツナガリを持ち続けるために、声かけ運動をスタート。

皆さんが共通していたのは、今回の震災をうけて新しい生き方を選択できたこと。
そして皆さんポジティブに、今を、そして明日を楽しく生きようとなされていること。

・・・知ること。そして関わるコト。
あらためてそこにリアルを感じ、大きな学びになりました。

お話しして頂きました北茨城あすなろ会の皆様、そして会を開いて頂いた茨城大学の伊藤先生。
本当にありがとうございました!




留学生のシュン君より

今日、北茨城のあすなろ会に行われたのパーティー参加しました。
みんなでいっぱい、美味しい料理を作りました。
本当に楽しかった!
いろんな話をしたり、聞いたりしました。
すごく貴重な体験でした。

家は津波に流されてしまったけど・・・
みんな明るくて、一生懸命生きていること本当に感動しました!
また皆様にお会い出来る日を楽しみしております。



主婦の高橋さんより

もう、地震や津波、放射能の問題から逃げたい私は、
講話終了後の懇談会にて皆さんとお会いしました。

出来るだけ被害の話は避けたかったのですが・・・
やはり避けられない、忘れてはいけない。

お写真を見せていただいたり、色々なお話をお伺いしました。
あの時の辛い気持ちが蘇ってきました。

家を流されても、自分達はまだ住む所があるだけ幸せだ!と言う事。
物は流されても買えば済むけれど、人の命はお金で買えない事。
知らない人に親切にされた思いを次に続けて、また知らない人を助けよう!という気持ちにつながった事。

「あすなろ会」と言う、セルフ・ヘルプグループを作り、一緒の境遇の方々にお声かけをして、
輪を広げていこう!という前向きなお気持ちが伺えて、大洗で被災した私が逆に励まされました。

私自身、同じ体験をしたらこんなに強くなれるのか?と考えさせられましたし、
他人を支えたり、励ましたりするような人になりたいと思いました。

また北茨城の方々から元気をいただきに伺いたいと思います。
今日は懇談会のみでしたが、貴重なお時間を過ごしました事に感謝いたします。




他にもさまざまな感想・ご意見があったと思いますが、
今回はFaceBookを通していただいたコメントを掲載させていただきました。


このサイトは大洗町の視点で語らせていただいておりますが、
考え方としてはどこの被災地も同じ事だと思います。


そして何事にもポジティブに考えて行く事が必要です。
そうすれば「つながり」がきっと出来ます。


一人の力は弱くても、繋がりが出来れば人に大きな影響を与える事が出来ます。
それに感銘した人達が更につながり、大きな力を生む事が出来ます。


あすなろ会の皆様も、大洗応援隊の皆様も、
是非、声をあげて繋がりを増やして下さい。


あすなろ会の皆様、本当に有難うございました。
事務局 シマちゃん







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oaraihogehoge.blog.fc2.com/tb.php/33-d4eba14a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新コメント

RSSリンクの表示

プロフィール

大洗ほげほげ放送

Author:大洗ほげほげ放送
東日本大震災・そして福島原発事故に伴い大きなダメージを受けた大洗町。

しかし町長をはじめ、町民の皆様、観光施設や飲食店など大洗で働く皆様が力を合わせ、急速な回復を見せております。

一方で一部マスコミやメディアなどでは間違った情報で大洗町を紹介されてしまう事が有り、ここ「大洗ほげほげ放送」にて現地町民からの正しくリアルな情報をお届け致します。

大洗ほげほげ放送モバイルサイト

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。