大洗ほげほげ放送


大洗の本当の姿をお伝えするため、茨城大学伊藤教授の発案で立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『M7級首都直下地震、4年内70%』→『100』か『0』ですよね?

「M7級首都直下地震、4年内70%」



以前、そんな記事が世の中を駆け巡りました。



4年後までに、7割の確率で首都圏に大地震が発生するとかなんとか・・・
私には全く意味が通じません。


私達の世界が10あったとして、そのうち7つの世界で大地震が起こるという事でしょうか?
そんなわけありませんよね。



世の中は、現実は1つだけです。
確率もへったくりも有りません。
そして、未来も1つだけです。
ドラマじゃありませんから・・・



大地震が起きるか起きないか・・・
結果は1つです。
つまり、
M7級首都直下地震が4年内の確率は「100%」か「0%」
だと思っております。



それでは何故70%と言われているのか?
例えば・・・
スーパーコンピュータ10台
又は
科学者や専門家が10人


そのうち、
大地震が100%起こりうると思う人→7人
大地震は絶対に起こらないと思う人→3人



そういう確率の事を言っているのだと理解してます。
これなら頭の悪い私でも理解できます。


つまり、4年間のうちに
100%地震発生する確率は70%
起こりうるという事です。


なんだか、ただの揚足取りみたいな話ですけれど(^^;



それはそれで置いといて。
正直、今更ここでそんな確率を語っても意味がありません。



そんな確率よりも必要な情報・対策を考える事が必要だと思います。
「起こりうる大地震の被害から、どれだけ防ぐ事ができるか」


東京都防災ホームページに「東京湾北部地震M7.3の被害総括表」という情報があります。
http://www.bousai.metro.tokyo.jp/japanese/tmg/assumption.html



この数字をいかに0に近づけるか。
それが大切だと思います。



一人で出来る事、みんなで出来る事、自治体で出来る事、国で出来る事。
建物の耐震などお金もかかる事もあれば、個人でできる対策、お金をかけずに出来る対策、
工夫をする事で出来る対策も沢山あると思います。


余計な心配かと言われそうですが・・・


備え合って憂いなし。
今回の地震で沢山学んだと思います。
当然、私達も人毎では有りません。



もうすぐ2月11日。
そして来月には東日本大震災から1年。


3月11日には、震災で失った大切な命への追悼に加え、
残された私達が未来の皆様に繋ぐ為、防災訓練を実施したら良いなぁ。
そう思いました。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oaraihogehoge.blog.fc2.com/tb.php/36-e277af93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

RSSリンクの表示

プロフィール

大洗ほげほげ放送

Author:大洗ほげほげ放送
東日本大震災・そして福島原発事故に伴い大きなダメージを受けた大洗町。

しかし町長をはじめ、町民の皆様、観光施設や飲食店など大洗で働く皆様が力を合わせ、急速な回復を見せております。

一方で一部マスコミやメディアなどでは間違った情報で大洗町を紹介されてしまう事が有り、ここ「大洗ほげほげ放送」にて現地町民からの正しくリアルな情報をお届け致します。

大洗ほげほげ放送モバイルサイト

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。