大洗ほげほげ放送


大洗の本当の姿をお伝えするため、茨城大学伊藤教授の発案で立ち上げました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'11 ビーチバレー in 大洗

大洗リアル通信





砂浜の熱いバトル!
【'11 ビーチバレー in 大洗】

2011年7月28日更新

今年で、第22回を迎える今大会は、国内有数のビーチバレー大会として知名度を上げており、昨年は合計155チームのあいだで熱戦が繰り広げられました。
今年は、震災の影響でコート数の減少等が余儀なくされる状況ですが、震災復興という位置づけで、大洗の熱い夏のイベントがスタートします。


気になるのが天気ですが・・・
浜辺の放射線量は問題なさそうです。
しかし、いくらこちらが安全と言っても、県や自治体でも調査が信用されないというのが今の現状かもしれません。
正直、お客様本人が自分自身で調査するしか信頼していただける為の解決方法は無いのかもしれません。
でもそれもなかなか出来ないのが現実です。

では、お客様視点で最も信頼できる調査は何処か?
つまり、自分自身の身の為に本気で調査する人達。
そう、サーファー達です!

彼らはお客様が数時間~数日程度訪れるものとは違い、週に何回も、何時間も、しかも海水に浸かっているわけで、お客様とのリスクレベルが全く違います。


茨城サーフユニオン(I.S.U)様が独自に調査しているサイトが有ります。
http://www.isurf.jp/ecology/results.html


7月21日の時点で大洗サンビーチは0.094μSv/hだそうです。


正式に発表できるような正確な測定は難しいかもしれませんが、かなり性能の高いカウンター(環境放射線モニタ PA-1000 Radi(ラディ)で真剣に調べているそうです。
信頼性は十分認知いただけると個人的にも思っております。



ちなみに、0.115μSv/hで年間被曝基準値である1㍉Svを超える数値だそうです。
つまり0.115μSv/hならギリギリセーフかも?という判断になる数値でも有ります。
実は多少超えても「ただちに身体への影響は有りません」という表現よりかなり安全というイメージで思ってます。
相当超えて「ただちに・・・」です。
0.115μSv/h以下なら、まず身体への影響は有りません。


といっても、何が起こるかは分かりません。
海とは危険と隣り合わせですから、そもそも安全という存在は有りません。
砂浜は問題無いと思いますが、海を甘く見ず、安全に楽しんで下さい。
あと、怪我や熱中症にも十分お気をつけ下さい。


計測場所はこちらのサイトが分かりやすいです。
http://www.kaijyosaikyo.com/news/surfnews/11-6/10-3.html


確かに線量の高い時期は有りました。
しかし砂を入れ替えたり、それぞれの分野で除染活動などがんばっています。
過去の情報を煽るように広め、それっきりというスタイルは問題です。
公表するなら、こういった情報を随時取り上げていただきたいものですね。




<概要>
今年で、第22回を迎える今大会は、国内有数のビーチバレー大会として知名度を上げており、昨年は合計155チームのあいだで熱戦が繰り広げられました。
今年は、震災の影響でコート数の減少等が余儀なくされる状況ですが、震災復興という位置づけで、大洗の熱い夏のイベントがスタートします。



日時:平成23年7月30日(土)~31日(日)
場所:大洗サンビーチバレーコート
主催:茨城県バレーボール協会
お問い合わせ
大洗町紹介サイト http://www.town.oarai.lg.jp/~kankouka/asobu/info_g_6_788.html
茨城県バレーボール協会オフィシャルサイト http://ibaraki-volleyball-ac.com/
記事:大洗ほげほげ放送事務局 シマちゃん



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://oaraihogehoge.blog.fc2.com/tb.php/6-a879d3ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

RSSリンクの表示

プロフィール

大洗ほげほげ放送

Author:大洗ほげほげ放送
東日本大震災・そして福島原発事故に伴い大きなダメージを受けた大洗町。

しかし町長をはじめ、町民の皆様、観光施設や飲食店など大洗で働く皆様が力を合わせ、急速な回復を見せております。

一方で一部マスコミやメディアなどでは間違った情報で大洗町を紹介されてしまう事が有り、ここ「大洗ほげほげ放送」にて現地町民からの正しくリアルな情報をお届け致します。

大洗ほげほげ放送モバイルサイト

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。